冷血 公爵 の 心変わり 韓国。 冷血公爵の心変わり

기다려주신 독자님들 정말 감사드려요:D 시즌 2도 잘 부탁드립니다! エルインの母とその後ろに隠れる幼いエルイン。

48
ロアン公爵「何があろうと余の側でそなたが無事ならそれで良いのだ!」 エルイン「ありがとう・・・」 ロアン公爵の想いを再認識できたエルインも笑顔で応えます。 人間が変わったかのような心変わり(1話~) 冷血公爵・ロアンによって殺される直前、主人公・エルインは「死にたくない、幸せに生きたいというわたしの願いを!」と祈り、唇を血が出るまで噛み締め涙を流すと、公爵が一瞬怯み、魔法陣が発動されます。 冷血モードの公爵からツンデレな愛情が少しずつ見えてくるようになり、エルインと一緒にわたしもドキドキ。 そして、そのことを快く思わない皇太子が「目障りな存在」と決めてロアン公爵を脅迫しているのです。 ロアン公爵「余はそなたを守るためなら、何でもする!」 強く告げながらエルインを強く抱きしめます。 段々冷たい公爵ヒーローに戻るの早くなるが、たぶん自覚していて、理性を保つ時ヒロインと離れてるような? 綺麗な貴族婦人と仲良くしてるのをヒロインは目撃しさて次はどうなるのか先が気になります。 エルインとロアンは二人の想いが通じ合った今、頭痛の原因ともなる魔法の契約を破棄したいと考えますが、破棄できる唯一の条件は契約対象の消滅であるとユリアナに言われてしまいます。 エルインは魔法の「媒介者」であり「発現者」。 今反芻している記憶は魔法の契約が始まった瞬間。
97
ロアンはエルインを守り抜くと誓い、エルインは魔法があったからあなたと出会えたとお互いを想い合います。 【このレビューはネタバレを含みます】 タイトルに惹かれて読みました。 (42~47話:公爵恋心を自覚、エルインの好みのタイプであるもう一人の自分に嫉妬) (48~52話:公爵領視察、二人ずっとくっついてる。 契約者ではないようです。 そんな訳でロアンは実に魔法の契約が始まった10年前の回帰から実に10年エルインを探し続けていたんです。 PCからもgoogle アカウント持ってればログイン出来て読めるので私はコツコツとしおり機能を使いながら翻訳して読みました。 そんなところに、メイドのメリーがシェフの自信作であるお酒入りのチョコを持ってきてくれたので、お酒が弱いのに、 ぺろりと平らげたエルインは、 更にお代わりのチョコとシャンパンまで持ってくるようにお願いしてしまい・・・。 そんな二人の様子を見て、 エレインはめらめらと嫉妬してしまいます。 何しろ過去の記憶を持ってるのは自分だけだし、過去と同じようにサメード城へ行き、エルインを迎えに行っても過去とは違った未来となった為にエルインはソフィアと共にサメード城から逃げ、二度と戻ってこなかったからです。