和歌山 地震 多発。 和歌山県の地震活動の特徴

最近は和歌山での震度3以上の地震が多発していることで南海トラフの巨大地震が発生するのではと心配になりますよね。

4枚のプレートに囲まれているからこそ、地震が多い国なのですが、これだけの活断層の数を考えると遠い昔から多くの地震があったことがわかります。

和歌山付近で地震が多発するとそれに影響されて南海トラフの巨大地震が起きるのではないかと心配になりますね。

この強い力こそが、 地震となってしまうのです。

和歌山付近の地下構造は複雑になっていて、東側と西側ではフィリピン海プレートの沈み込む角度が違うことや堅いけれども脆い性質を持つ古い時代の地層となっていることが多くの地震を引き起こしているそうです。

世界でも類を見ない地震だらけの島国に住んでいる以上、全国どこにいても防災意識は忘れないようにしたい。

19