タヌキ 疥癬。 身近な野生動物の感染症:疥癬(かいせん)

人間による環境破壊で、野生のタヌキの生息地が徐々に少なくなってきてしまい、都会にもタヌキが出没するようになりました。

都会にはゴミがたくさんあるので、雑食のタヌキにとっては恰好のエサ場になっています。

「外来生物のアライグマは、感染症のウイルスを媒介するマダニを運んでいる可能性があると聞くが、タヌキは危険ではないと考えてよいか」と石井教授に聞いた。

他にも、タヌキは意外と獰猛な一面もあるので、手を噛まれてしまうかもしれません。

特に出没することが多いのが、多摩地区の西部と南部。

この場合は増殖しませんが、一時的に激しいかゆみに襲われるので、やはり放っておいて大丈夫だとも言えません。

餌付けしているオヤジいた」(10月5日)などの発信があった。

疥癬タヌキ (写真は他サイトからの借り物ですが、自宅庭やその周辺に出没する疥癬タヌキは写真の個体とそっくりです) 禿げタヌキが庭に出没 1~2年くらい前から野生のタヌキが自宅周辺の住宅地で見掛けるようになって、夜間に自宅庭で鶏の餌であるくず米を食べにちょくちょく出没していました。

ペットや猟犬において疥癬の感染が疑われる場合は、獣医のもとで診察を受けるべきです。

6 93