同調 圧力 コロナ。 【同調圧力】新型コロナウイルスが炙り出した世間という名の「闇」に迫る|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

70

良かったですね^^ しかしながら政府は、今月21日から「職域接種をスタート」させるとし、ワクチン接種を推し進めています。

ワクチン接種を強制したり、拒否した人が差別的な扱いを受けたりする「ワクチンハラスメント」が横行しているからだ。

性病でもインフルでも。

しかも、「コロナワクチン」を打つことで、「発症」(感染して実際に症状が出る)する可能性が減るのは、たった0. 震災後の日本人の一致団結した利他的な行動を称賛した海外メディアもありましたが、この利他的な特性と同調圧力とは表裏一体の関係にあるのではないでしょうか。

日本はどうでしょう。

同調圧力が高い日本では「(異なった意見を言うにも)勇気がいる」と話しています。

地域では子どもを公園で遊ばせていると警察に通報されたとか、外でランチをしている画像をSNSにアップしたところ周囲からとがめられ、仲間はずれにされたといった話もある。

シートに書かれてあった 「35~40%に発熱等の副反応」という事についてですが、厚生省のデータからは、それを見つける事はできませんでした。

こちらの文書にワクチンの粒子が注射後どこに分布したかの動物実験データがあります。

もちろん意図的なものではなく無意識的な過程ですが。

29
しかし自分の意見を言わずに我慢してしまうことや、周りの期待に応えて無理をしてしまうことにも限界があるでしょう この禍々しい現状になんとか対抗するためには、「同調圧力」を生む「世間」とはなんなのか? ということを知る必要があると僕は考えます
ワクチン接種をめぐっては、優先接種の対象になっていない市長や町長が接種したとしてバッシングされ、オリンピック・バラリンピックの出場選手にいたっては一般国民と別枠で提供されたワクチンの接種であるにもかかわらず、「特別扱いは許されない」「一体感を損なう」という反対の声が上がった 著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』がある
当社では、 2020年 4月に「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を行いました
スメナリオさんという方が、自身のブログ の中で、そのようなつぶやきをまとめて記事にされています 「外出時にマスクをしていないと周囲の反応が怖い」と感じる人が少なくないという調査結果などが報告されている
4月8日 緊急事態宣言が出ているのに、スポーツクラブが営業していることに頭に来たとして、 入口のドアを蹴って壊したとして43歳の男が逮捕された 長引くコロナ禍の閉塞感で人々の意識は一層共同体の内側を向くようになり、メンバー間の不平等にますます敏感になってきた
ワクチンを打ったから100%大丈夫な訳でもない 今は飲食店が営業を自粛しなくても、警察が来て逮捕されることはない