在宅ワーク 年末調整。 副業・ダブルワークの年末調整はどうすればいい?

ワークを本業としている人はもちろん、副業やお小遣い稼ぎとして取り入れている人にとっても、働いて収入を得ている以上、収めるべき税金のことを知っておく必要があります。
確定申告の締め切り期日までに、申告ができず、所得税が納付できなかった場合に課される税金です。 逆に、確定申告をしなくても済むように、年間所得が38万円を超えないように調整するという方法もありますので、是非検討してみてくださいね。 「家内労働者等の必要経費の特例」が適用されるのは、不特定多数の人を相手にしていないこと、継続的にサービスを提供していること、販売ではなくサービスを行っていることという3つの要件を満たす必要があります。 扶養内で働く在宅ワーカーの人に関しては、でご説明した通り、2018年から所得税の優遇関して、 控除額が配偶者の合計所得によって変わることになったので年末調整で配偶者の最終的な合計所得を確認してくださいね。 そのため、企業は各従業員が 本来納めるべき所得税を再度計算する必要があります。
年間所得20万円とは、主とする給与所得がある人の基準です つまり、年間所得は33万円以下になりますので、確定申告は必要ありません
申告書は自分で作成するか、税理士に作成を依頼することになります 申告方法にそれほど差はなく、青色申告の方が得をするケースが多いのでチャレンジしてみましょう
まず確認していただきたいのは、あなたの副業の種類が「給与所得」なのか「事業所得」に当たるのか、まずはその所得の種類を判断してください 1年間(1日1日~12月31日)の収入と、それにかかった費用(経費)をまとめておくのです
納税を怠ると違法となりますので、自分の収入と経費をしっかり管理し、確定申告の義務があると判明したらしっかり確定申告を行いましょう どのように収入を得たかによって、微妙に納税の義務が変わってきますので、よく確認しておくことが大切です
在宅ワークの確定申告の方法3つ では最後に、どこで確定申告をすればいいかという方法を3つお伝えします 年末調整だけじゃだめ!確定申告が必要なケース さて、副業による所得が20万円超える方、または、越えることを前提にこれから副業を始める方は、年末調整だけではなく当然確定申告の手続きが必要となります
あと、年度 4月~翌年3月 で保険料の額が変わりますので もし、パートタイムのお仕事以外に、ネットオークションや内職などで所得を得ている方は、必ず確定申告をしなければいけないので、この点については注意が必要です
条件に当てはまる方は、払い過ぎていた税金が戻りますので、確定申告を提出したほうが良いです さらに、在宅ワークの収入が給与所得の場合、2箇所以上からの給与所得があるか否かで変わります
「扶養控除等(異動)申告書」を提出すること自体に 「こちらがメインの勤務先(あるいは年末時点での勤務先)であるので、年末調整をしてください」という意味合いが含まれるのです 12月分の給与計算に間に合わせるために、11月から用紙を配布するのが一般的です
まず、給与収入が50万円、内職または在宅ワークによる年間収入が40万円、さらに必要経費が10万円だった場合のケースです パート・アルバイトを掛け持ちしている人の確定申告 一方、パート・アルバイトを掛け持ちしている人というのは税法上、「2箇所以上から給与の支払を受けている人」となります
参照: まとめ 在宅ワークの確定申告についてお話ししました e-taxで申告する際には、マイナンバーカードと電子カードリーダーが必要となります
2-2.間違って2か所に提出してしまったら? 本業の会社と副業・ダブルワーク先の会社どちらにも「勤務先が2か所ある」旨を伝えていない場合、どちらの勤務先でも通常通り年末調整の処理がされてしまいます こういった税金の支払いが発生しないようにするためには、在宅ワークや内職で得る年間の雑所得が33万円以下になるよう調整する必要があります
雑所得の内容は、営利目的、または非営利目的で得た収入によっても、定義が違ってきますので、具体例と共に確認してみましょう あ、余談ではありますが、たとえ会社員と言えども、もし会社が決めた期日までに年末調整の書類を提出しなければ、自分で確定申告をしなければならなくなりますので、ご注意くださいね
配偶者の所得(売上-経費)が38万円以下であれば、配偶者控除として、ご主人の所得を38万円分減らすことができます 例えば、 12月の給与を受け取り退職する場合は、その年の年末調整は元の雇用主にしてもらえます
この36万円があなたの所得であり、これに対して税額が計算されることになるのです ここでひとつ理解しておいていただきたいのは、「所得」の意味です
しかしながら、在宅ワークや内職の場合は、雑所得として扱われるため、青色申告によって特別控除を適用し、所得金額を圧縮することはできないと考えた方が良さそうです まず、給与所得から見ていきます
今まで専業主婦だったけれど、在宅ワークを始めて、収入を得るようになったという方は、ここで「確定申告とは何か」「年にいくら稼いだら確定申告をしなければならないのか」ということをしっかり知っておきましょう 基本的には、確定申告の対象から外れると判断していただくことができます
46