くっ ころ と は。 「くっころ」はエルフのお肉で造ったコロッケです

例えばでは、「女騎士がなどに囚われてこの台詞を言うが、 何故かオークの方が理性的で扱いに困惑する」というネタが大流行したことがある。

ありがとうございます。

スピーディーな想像力で早速の「くっころ」を披露するカトレア(『くっころでいず』より) 『くっころでいず』に登場する女騎士・カトレアも異世界から魔法によって主人公のいる現代日本へと飛ばされた直後は、主人公のことを敵と勘違いし早速の「くっころ」を見せてくれています。

それは騎士のプライドにかけて、「虜囚の辱めを受けながら生きるくらいなら命などくれてやる」という精神の表れだと考えられています。

打倒・女騎士のために主君や仲間を利用した罠を張るのが定石ですが、愚直に引っかかってしまったり、時には罠と知りながら身を投じたりするシチュエーションも散見されます。

あるいは力づくでの解決は騎士道精神に反するということなのかも。

ちなみに地球ではエルフに人権が存在しない。

もちろんユーザー漫画時代にはなかった新シナリオも満載でお届け。

そうです、 「くっ、殺せ……!」を略した、あの「くっころ」です。

つまり「くっころ」とは、戦に敗れてなお誇りを失わない女騎士の高潔さを表したセリフ。

展開がテンプレ化してギャグ、パロディとしてしか捉えられなくなる典型と言えよう。

そんな状況では、軍事制裁の反対派の声は小さく萎んでしまう。

そもそも立場も実力も兼ね備えた騎士がむざむざと敵に生け捕られることなんて、そうそうあってはならないはず。

関連記事 親記事. もはや爆発的流行が目前の「くっ殺系ヒロイン」のラノベ、いかがでしたでしょうか。

8
配信日は2021年5月14日、価格は1280円となる。 だが、エルフの倫理観ではそれが許されないのだそうだ。 くっ、殺せ! 《ハル飯田》. 主君や恩義ある人間のために尽くす、騎士道精神というヤツですね カトレアも突然異世界に表れた自分を保護してくれた主人公に対しては大変に恩を感じ、何かとお返しをしようと考えてくれるのも嬉しい姿です。 「くっころ」の代表的なチェーン店を経営するのは、やはり異世界から来た、オークという種族だ。 魔法への対処法を学び、さらには自軍に於いても積極活用するに至った地球人に、エルフ側は追い詰められていた。 強さと「くっころ」の関係を考えてみても、やっぱり一介の兵士よりを捕まえるよりも技術に優れた猛者を捕えた方が敵も嬉しいというもの。 が広まったでは広義な使われ方もされており、とに限らず、「気が強く々しいが辱めを受けるくらいなら殺せと要する」と言う全般をす言葉になりつつある。 食べた人達は皆その美味を褒め称え、エルフ肉は大人気となる。 またひとつ、新たなジャンルが生まれました 女騎士とオークの関係は、古くから切っても切れないもので、「女騎士あるところにオークあり」とはラノベ担当ミヤザワの言葉です。