My way 和訳。 マイウェイ My Way 歌詞の意味・和訳 フランク・シナトラ

1日の最後にこの歌のように わたしはわたしの道をやりきったという 1日を過ごせるといいですよね。

シド・ヴィシャスの経歴 ・1957年5月10日、バッキンガム宮殿の衛兵ジョン・リッチーとイギリス空軍で働いていたアンの子として誕生 So that's it. ・1977年3月 SEX PISTOLSのベーシスト グレン・マトロックが脱退、代わりほとんどベースが弾けなかったシド・ヴィシャスが加入
でも僕は『ね、僕はこの曲を書くことはできるけど、この曲を歌う人ではないよ』と言った 1月 ジョン・ライドンがSEX PISTOLSを脱退
彼が成し遂げたことは? If not himself 本来の自分でないとしたら Then he has naught 彼は無価値なんだ To say the things he truly feels 本当に感じてることを言うのさ And not the words of one who kneels ひざまずいてる人の言葉ではない The record shows I took the blows わたしが打撃をうけたことは やってきたことからわかる And did it my way わたしはわたしの道を生きたんだ 引用:歌詞 My Way より 和訳 ふうでごう フランク・シナトラlive動画 1974年 ふうでごうのつぶやき こんにちは、ふうでごうです 歌詞の意味を知らなかったときは、 曲の盛り上がりとともに 自分の道をしっかりと歩いたんだ その道は素晴らしいものなんだ と歌っているのかと思っていました
(両親は結婚せず) ・1972年 ファッション関係の専門学校にて ジョン・ライドンと出会い意気投合 現在も歌い継がれる数々の世界的大ヒット曲やゴールドディスクを世に送り出し、 その卓越した歌唱力によって「ザ・ヴォイス」と称された
原曲は、フランスのポップス『Comme d'habitude(いつものように)』 後にエルヴィス・プレスリーはじめ多くの歌手によりカバーされ、カバーされた回数が史上第2位の曲(第1位はビートルズの「イエスタデイ」)だと言われています
 元セックス・ピストルズのベーシストで、薬物の過剰摂取により21歳で死去したパンクロッカー シド・ヴィシャスがカバーした、フランク・シナトラの名曲です 【試聴】マイウェイ My Way 歌詞の意味・和訳(意訳) And now, the end is near And so I face the final curtain My friend, I'll say it clear I'll state my case, of which I'm certain そして今 終わりが近づき 私は終幕を前にする 友よ 私ははっきりと言う 私の場合はこうだった 確信をもって言おう I've lived a life that's full I've traveled each and every highway And more, much more than this I did it my way 満たされた人生だった すべての道を旅した そしてもっと もっとそれ以上に 私の道を歩んだ Regrets, I've had a few But then again, too few to mention I did what I had to do And saw it through without exemption 後悔も少しはあった でもまた 言うには些細な事だが 私はやるべきことをやり 見極めてきた 例外なく I planned each charted course Each careful step along the byway And more, much more than this I did it my way 計画を立てた 一つ一つの進路を 一歩一歩注意深く わき道に沿って そしてもっと もっとそれ以上に 私の道を歩んだ Yes, there were times, I'm sure you knew When I bit off more than I could chew But through it all, when there was doubt I ate it up and spit it out I faced it all and I stood tall And did it my way そう そんな時代があった 君も知ってるだろう 身の丈を越えた行動も すべてやり通した 疑いがあるときは それを食らいつくし 吐き出してやった 全てに立ち向かい 堂々としていた それが私の道だった I've loved, I've laughed and cried I've had my fill; my share of losing And now, as tears subside I find it all so amusing 私は愛した 笑い そして泣いた 存分に味わい 失いもした そして今は 涙もおさまり すべて楽しいことに思える To think I did all that And may I say - not in a shy way "Oh no, oh no not me I did it my way" すべての過去を想うと 言うならば ためらわずに 「おお そうじゃない 私は違った 私の道を歩んだんだ」 For what is a man, what has he got? 人とは何で、何を得たのか If not himself, then he has naught 答えが「自分自身」以外なら、何も得られていない To say the things he truly feels 心からの思いを語ることもできない And not the words of one who kneels 跪いて語る者の言葉ではダメなんだ The record shows I took the blows 私にも苦難はあった、レコードを聴けばわかる And did it それでも自分の生き方を貫いてきた. シナトラが齢50を過ぎた年、 1969年にリリースしたアルバム"My Way"に収録されています
36 28