六花 デッキ。 【遊戯王】六花弱くて草(植物族だけに)。

「六花」魔法・罠カード 《六花絢爛》 《六花絢爛》 【 通常魔法 】 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。

なので少しでも他の方の参考になればと思っていますし、新しい展開パターンを見つけられればまたブログに載せたいと思います。

【六花】のエースモンスター X素材を1つ取り除くことでフィールドのモンスター1体をリリースできます。

時には墓地に落とす効果も使用し、その際は「六花精エリカ」、「六花精ヘレボラス」を落とすことで、すぐにエクシーズにも狙えます。

この六花デッキでは常に初手ハンでこの4体展開を目指すことを心がけています。

《六花の薄氷》 【 通常罠 】 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

デッキの回し方ですが、まずは展開のためのキーカードや各種サポートカード等をサーチしていきます。

自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルはターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。

そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

はじめは、「六花」と一部の「アダマシア」だけ手に入れればいいと思ってましたが、ふたを開ければ全てのテーマに手を出してました… 笑 テキストだけでは、デッキの面白さがわからないものですね。

これだけだとやや物足りないかなと感じますが、「六花」は水属性テーマでもあるので《サルベージ》や《バハムート・シャーク》など豊富なサポートを存分に受けられることを考えればかなり使いやすいといってもいいでしょう。 なぜマジョラムや、アンゼリカ、と女性モンスターも多くいるアロマの中からという男の効果が一番相性が良くなってしまったのか・・・。 「六花」テーマの戦術例を紹介! 以上のことを踏まえた簡単な戦術例を 1つ紹介します。 なのでそのときはマルデルを持って来ればエリカ、ヘレボラスなどをサーチすれば相手ターンに備えることができます。 このカードが植物族モンスターをX素材としている場合、 この効果は相手ターンでも発動できる。 水属性1体をリリースして、相手の手札の中から1枚を選んでハンデスできるカード 遊戯王OCGに残る数少ないピーピングハンデスの1枚であり、リリースを主戦術とする【六花】との相性は抜群。 「六花」モンスターはいずれも手札・墓地のどちらかから特殊召喚できるため、このカードをどれだけ使いまわせるかが勝敗を握るほど重要です。
65