サンデン adr。 事業再生ADRが成立したサンデン、中国傘下でCASEに活路|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

80
突然、完成車メーカーがサプライチェーンの支障で部品を調達できなくなったときに、気がつけばそこにサンデンがいて重宝したことがあった」と振り返る。 再生計画では内燃機関向け製品の生産拠点を集約するほか、ハイセンスグループとの共同購買などでコスト抑制に努める。 214億円を投じ、サンデンの第三者割当増資を引き受ける。 サンデンは、トヨタ自動車や日産自動車といった完成車メーカーの「ケイレツ」に属さない独立系メーカーだ。 「空調だけをとことん伸ばす。 。 2020年3月期の最終損益は22億8700万円の黒字(前期は230億6000万円の赤字)だったが、流通システム事業の切り離しによる売却益約250億円があったためで、これを差し引けば、実質的には大赤字だ。
92