渡る 世間 は 鬼 ばかり。 独占告白!『渡る世間は鬼ばかり』プロデューサーが選んだ幕引き「もう終わりにします」(高堀 冬彦)

本間 長子 「」を参照。

森山が働いていた他、キュウケータリングの利用客のマダムの行きつけの店。

仕事以外のことに時間を取られることがいやなのである。

それに伴い五月との関係も2016年で妊娠期間中に五月が自身の身の回りの面倒をみる事を拒絶した事を境に悪化していき自己中心的でわがままでヒステリックな部分も増えていく。

病気で倒れたハナを長兄夫婦が面倒を見ないことに腹を立てるが、次男の身で何も言えない自分に不甲斐なさを感じる。

インターネットCM先のスポンサーの営業部長。

試験に不合格になったことを内心喜ぶ。

3月生まれ。

その後は努力の結果、一浪を経てに合格する。

輝の姉。 タキの長男。 TIH日本支社も兼ねており、ハワイへのツアーも行なっている。 兄とは別の税理士事務所でをしていた。 結婚後は「幸楽」の経理を担当。 おやじバンドに熱い思い入れがあったが転勤でインドへ行く。 酒飲みではないが、本間英作が訪ねてくると一緒に泥酔し、日頃の鬱憤晴らしに母親や妹の悪口を「くたばれクソババァ」とまで言い放つ。 生まれ。 その資金をタキが出資するという。 カメラ - 西舘博光• 本間家(シリーズテーマ「姑の老後」「娘の進路」) 神林が亡くなり、常子は孤独な思いをしていた。
55

音声 - 石鍋邦広、妹川英明• 第8シリーズで野田家の人間は全て退職している。

宮部 咲子(みやべ さきこ) 演 - 第8シリーズに登場。

「おかくら」の従業員 2019年時点 青山 タキ 演 - 第4シリーズから登場。

そのことを知った愛が五月に言ってしまったものの「趣味とかやりたいことがあるのはいい」と賛成する。

東京に来てからは従兄弟の勇気と本当の兄弟のように暮らす。

久子家族が去った後には離婚した邦子家族が住んでいた。

第3シリーズ• 勇気の友人。

葉子をハワイの大学に入学させたり、第1シリーズでは、節子と同居し肩身の狭い思いをしていた葉子の前夫、竹原洋次を不憫に思った葉子が珠子に頼み、葉子と洋次をハワイに呼ぶ場面もあり、いつも葉子の心強い存在である。