少し でも お 役に立て れ ば 幸い です。 「微力ながらお力添え・お手伝い・尽力・お役に・頑張ります」など使い方と例文!|語彙力.com

役に立つものを使う相手を主語にする場合は少々複雑ですが、他動詞「役立てる」を使います。 微力ではありますが、私の経験がこのプロジェクトで一助となるよう努力したい存じます。 (変動率を書かずに変動額だけ書くブログばっかりだ。 微力ながらは、相手の力量がわからない状態や自分の力量が知られていない状態で使うことが望ましいと言えます。 「頑張ります」という表現はあまり公の場やビジネス文書にはふさわしくないでしょう。 。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。
68