フロンテオ ir。 FRONTEO (2158) : ニュース・適時開示 [FRONTEO]

多くの精神疾患の治療と異なり、がん治療では比較的多様な薬剤が既に存在しており、「効く人には効くけど、効かない人には効かない、しかも副作用が大きい」という一般的な性質があるので、AIがどの薬剤が最適であるのか、ビッグデータの解析に基づき提案することが想像しやすいです。

ワトソンは治療法の変更を提案し、臨床チームが別の抗がん剤を採用。

<FRONTEO 2158 より引用> フロンテオ FRONEO, 2158 の株を100株、合計約8万円を費やしたけど、下がるなぁ。

損切できたことはとりあえずは良かったみたいだけど、どうしても遅れてしまう。

ただいまの関連ニュース総数:1,754件。

自分の専門は基礎研究ですが、少し関係するので下記の事案に注目しています(フロンテオは他にも色々やっていますが)。

(この記事で ワトソンは新しい治療を提案したわけではないように思います。

しかしながら、それなりのデータと医師の経験の上で現状の診断方法が確立しているはずではあるので、AIの効果は限定的な気もします。

まあとにかく、株価上がらないかぁ。

会社概要 FRONTEO 2158 の会社概要。

55

なので会社全体が傾くことはないと思いますが、早く、力を入れている「AI 人工知能 」の事業の方で具体的な成果を出してもらいたいなと期待しています。

ワトソンは治療法の変更を提案し、臨床チームが別の抗がん剤を採用。

) がん・精神疾患の診断時のAI応用について 個人的には、がんの治療選択時にAIの役割が高まっていくことはかなりイメージしやすいです。

そこで、女性患者のがんに関係する遺伝子情報をワトソンに入力したところ、急性骨髄性白血病のうち、診断や治療が難しい「二次性白血病」という特殊なタイプだとの分析結果がわずか10分で出た。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。

最新記事「FRONTEO、学研グループのメディカル・ケア・サービスと介護施設を対象とした転倒転落予測AIシステムの実証試験を開始」[適時開示] 【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。

損切できたことはとりあえずは良かったみたいだけど、どうしても遅れてしまう。

IBMのワトソンを使った下記の報告は将来のAI利用の可能性を示唆しているかもしれません。

76
) がん・精神疾患の診断時のAI応用について 個人的には、がんの治療選択時にAIの役割が高まっていくことはかなりイメージしやすいです まあ、テンション下がるのも理性的でないと考えているので、こういうパターンにも耐性は出てきましたけれど
また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. ゲノム情報と違って情報量に際限がなく、それこそ暗黙知を発見するとされる人工知能の役割かもしれないと、思うには思いますが 自分の専門は基礎研究ですが、少し関係するので下記の事案に注目しています(フロンテオは他にも色々やっていますが)
ps この記事を書いてよく考えてみて、フロンテオの何が魅力かわからなくなりました もちろん生体内のがん(腫瘍)はヘテロな集団だからすべてを網羅することはできないかもしれないけれど、現在既に1細胞からのゲノムシーケンスも技術的に可能であるので、部分的な穴はあっても相当数のデータを準備することが原理的に可能だと思います
銘柄選びもダメだ
東大は昨年からIBMと共同で、がんに関連する約2千万件の論文をワトソンに学習させ、診療に役立てる臨床研究を行っていた
なので、17年3月末に704円で損切りしました 性能の良いコンピュータだったら、基本的に診断方法が既知の(この場合「二次性白血病」)がん診断は理屈上何でもできると思いますし
66