ジャスト イン タイム。 会社概要 ジャスト・イン・タイム

」 挙母工場が完成する前から、彼は「ジャストインタイム」を口癖のように多用していたそうで、この信念は、第五代社長の豊田英二氏に引き継がれました。

現在、デジタル技術の発展で、中小企業でも大きな業務効率化を果たせる時代に突入しています。

22
「自動化で生まれる一定の不良も最終的にはコスト安になる」という大量生産方式の考え方とは異なり、不良を生産すること=無駄と捉えたトヨタの考え方を「ニンベンの付いた自働化」、もしくはシンプルに「ニンベン」と言います。 ジャストインタイムには、3原則と呼ばれるものがあります。 事業の成長を支える人材を確保するためには、長期的な育成計画や合理的な人事評価制度の構築が欠かせません。 それぞれの詳細については下記の通りです。 1、向き不向きが存在する 一見、どんな製造業においても適用出来そうなトヨタ生産方式ですが、これには向き不向きが存在しています。
55