あやとり 難しい。 簡単!あやとり遊び10選。ほうきやはしご、ふたり遊びでの作り方

毛糸1本を結ぶよりも強度があるし、指先も痛くなりにくいです。

自由遊びや延長保育の時間にぴったりな遊びですが、子どもたちが糸で首を締めることがないよう、注意して見守ることが大切になるでしょう。

保育園でも、毛糸をわっかにして結ぶだけで簡単に作れるので、手軽に取り入れることが可能です。

ふたりあやとりでは、ふれあいを楽しめるもちつきや、どんどん形が変わる連続技などユニークな遊び方がたくさん存在します。

そんなあやとりのルーツは残念ながら正確に判明していないのですが、「糸があればできる」という手軽さと、「糸を指に絡めてさまざまな形を作ることができる」という特徴から、各地で自然発生的に誕生したと考えられているのだとか。

あやとりはどんな遊びか知っていても、その奥深いルーツや地域ごとの特徴などを知っている人は少ないのではないでしょうか。

あやとり遊びで期待できる効果• みなさん、子どもの頃はどのような遊びをしていましたか? テレビ、ゲーム、インターネットなどが発達した現代では、子どもたちの遊び方も変化してきているような気がします。

ふたりであやとり遊びをするときには、ひとりのときよりも長めのあやとりを使うとやりやすくなりそうです。

その中でも、とっても手軽にできて親子一緒に集中して遊べる「あやとり」をご紹介します! 「あやとり」ってどんな遊び? 小さい頃、あやとりをしたことがある方は多いかと思います。

6.小指をはずす。

93