マイク ジョー。 英語人名の短縮形

21
ファーっと来てファーっと帰って行った感じ」と述べている。 2003-2006• 『』記者・市坪和博は「実際の年俸は約200万ドル強ほどとされる」と述べている。 引退を申し入れた際、グリーンウェルは年俸(総額200万ドル)のうち、約4割(当時のレートで約9,600万円)の返上を申し出て受理された。 1962• アメリカンリーグ:2回(2008年、2011年)• 2021年1月12日閲覧。 83 (投手コーチ)• 800 120 525 481 67 143 25 4 15 221 76 9 5 0 4 38 4 2 35 18. 2020年6月11日時点のよりアーカイブ。
退任に際しては「素晴らしい5年間だった」と話した それまではキャンプ途中での帰国劇などから、チームおよびから「トラブルメーカー」と不安視されていたが、再来日後は で精力的に打撃練習 に取り組んだ
のマイナーで捕手としてプレーをしたもののメジャー昇格をすることのないままの出場を最後に現役を引退し、その後選手時代を含め31年間エンゼルスの組織に所属した 注意しなければならないのは、英語圏では 短縮形も本名と同様に扱われることがあるものであって、 や愛称(あだ名)とは性質が異なるものである、ということである
656• 選出:2回 (1988年 - 1989年)• 打率・打点ともア・リーグ3位 これにより、デビュー戦を決勝打を含む2安打2打点の好成績で飾り、で満員となっていた本拠地・甲子園を沸かせた
特別注文 受注生産品や海外取り寄せ品のためお届けに若干時間がかかります しかし、グリーンウェルの代理人を務めていた ジョー・スロバ (Joe Sroba)は過去に、MLB通算10年で220本塁打を記録し、に推定約4億円でに入団したものの、無断帰国・年俸の支払いをめぐるトラブルを起こしたの代理人も担当していた人物だった
(英語). 585 146 603 540 77 170 38 6 13 259 72 5 4 2 3 54 12 4 46 17. -を題材にした漫才のネタに登場し、阪神時代のエピソードを取り上げている 文化部 佐伯達郎「」『』、2012年2月8日、1面
70打数に1三振で、現在のメジャーで三振が少ないことで知られるでも、までに9. しかし、スロバは「最大6週間のリハビリが復帰の絶対条件だ」と主張していたものの、グリーンウェル本人は「開幕は無理だが、4月下旬には戻りたい 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 捕手守備 年 度 球 団 試 合 企 図 数 許 盗 塁 1987 BOS 1 3 0 1 0. - 『』西日本版(九州地区を除く名古屋以西の地域)で2014年12月 - 2015年3月に連載された「喜怒哀楽の歩み〜猛虎の80年〜」(該当章:第3章「激震…グリーンウェル」)を加筆・修正してまとめた書籍
1961• 安芸春季キャンプ合流後、セ・リーグ他球団のスコアラーはグリーンウェルの視察を早めに開始したが、これは契約中の途中離脱事項が公になっていたからであった このレギュラーシーズンにチームは開幕から快進撃を続け、球団創設11年目で初の地区優勝を果たすと、ポストシーズンでも勢いを保ったまま一気にプレーオフを勝ち上がりアメリカンリーグ優勝も果たし、遂にワールドシリーズへ進出を決めた
の2020年8月9日時点におけるアーカイブ そして球団社長と面会して引退を申し入れ、三好も「気持ちをくみたい」とこれを受理した
1966-1972• 再来日前に球団に対し、左腕のを相手に打撃練習を行うことを希望していた クリントン大統領の公文書署名 Billとある 英語名の短縮形についてよく引き合いに出される例が、第39代の 、第42代大統領の 、第73代の などである
8