バイオ ハザード 6 ピアーズ。 バイオハザード6 プレミアムハザードラッシュ フリーズ恩恵・動画【追記】

コンバットゲージは2つ消耗。

無口で凄みのある男だが、その罪状とは裏腹に言動から残虐性は感じられず、本来自分を捕える立場のレベッカを何度も助けるなど義理堅く正義感が強い。

バイオハザード発生後は「最後の放送」と述べて放送を敢行し、リスナーに市外への脱出を促したり、助けが来ることを信じさせて勇気付けたりしていた。

ゲート付近で出会ったジル・バレンタインらと行動を共にし、アンジェラ・アシュフォードを探しにを訪れたが、ゾンビ化していた子供たちに襲撃されて死亡する。

島で出会った少女ナタリアから「モイラは死んだ」と聞かされるも「そんなはずはない」と娘の生存を信じ続ける。

通報を受けてガソリンスタンドに駆け付けて店内にいたゾンビを倒すが、すでに店の周りが大量のゾンビに囲まれてしまい、生き延びるために孤軍奮闘する。

89

しかし、リサからの連絡が途絶えたためにラクーンシティへ着任したばかりの刑事を偽ってハイブへ向かい、その入口の洋館で出会ったアリスや特殊部隊員らと行動を共にする。

格闘だけで どこまでいけるかな? -- 2014-12-06 土 02:23:32• 連携を最後まで出していてもほとんど問題ないですが、タックル後に横回避を取ってから繰り出すとまたタックルが出るので、タックルと回避を交互に繰り返すと完封可能。

不治の病に冒されて昏睡状態に陥っており、アンブレラの非公認薬の投与によって意識が回復するなど一時は快方に向かうが、異常なまでの食欲に支配されるようになるなど薬の副作用に襲われ、最終的に死亡扱いとされた。

その後、エヴリンの幻覚に囚われ、過去の記憶を垣間見た末に完全に記憶を取り戻すが、イーサンを巻き込んでしまったという罪悪感から彼に対して一人だけ脱出するように促し、自らはその場に残った。

表向きは温厚な性格で市民に親しまれていたが、裏ではウィリアム・バーキンをはじめとするアンブレラの人間と癒着して多額の賄賂を受け取ったり、を常時携行していたり、常人には理解しがたい美術品を集めてきては署内に飾っていたり、他の署員に対してその異常さを見せていたりしていた。

一定時間視界と聴覚を奪われる。

66