牛歩 の 歩み。 2/3 2009年の干支、丑と牛の豆知識 [暮らしの歳時記] All About

59

春秋戦国時代の中国で、同盟を結ぶときは盟主がいけにえとなる牛の耳をとって裂き、諸侯がその血をすすって誓い合ったという故事に由来。

中国伝来の十二支は、もともと植物が循環する様子を表しているので、十二支の2番目に、芽が種子の内部で伸びきらない状態を表す「丑」がくるのです。

つまり、良い意味でも悪い意味でも「注目を集める」のです。

「牛の歩み」の類語• 樋貝議長が辞職をしたため、結果的に成功となった。

結果的に法案は可決したものの、その様子はテレビで取り上げられ当時話題となった。

この牛歩で、時間を1時間以上稼ぐことに成功した。

【引用元】ウィキペディア「」 定義だけを見ると「議事妨害を行う手段」などと書かれているために、「やはりけしからん」「見苦しい」「無意味な時間稼ぎをせずにちゃんと仕事をしろ」と思ってしまうのも無理はありません。

牛の歩みのようにゆっくりと移動することからこの呼び名がある。

もう90年も前から行われていたのですね。