ダイラタンシー 現象。 実は名前がついている身の回りの不思議な現象たち

"On the dilatancy of media composed of rigid particles in contact. ウーブレック [ ] ()とは、およそ水1:片栗粉1の水溶きである。

"Dilatancy, jamming, and the physics of granulation" 4 曲率半径が10ミクロン程度の水の表面が与える負圧は0. (5) 風船の中に入れてあるのは、でんぷん粉を水に溶かしたモノ。

この体積変化が「ダイレイタンシー」です。

だから、アイドルは必然的に大人数になるようだ。

以上のことから 糖分は固まりにくい。

) たぶん水の中でのように「のぺー」っとしている粒子達がいて、 いきなりの衝撃に起こされて「えっ?!えっ?!」という間に押し流されていくうちに、ぐでたま渋滞が起きて「痛て痛て痛て痛て痛て!!」となっており、その集団を外から見ると固くなっているんだと思います。

ほぼ液状。

衝撃を吸収するということから、防弾チョッキにも応用できないかということで、ダイラタンシーを応用した新素材は現在研究中とのことです。

そんな色んな流体を実験しまくっていた中の一つに、今回の「 固体なのか液体なのかようわからん流体」を見つけたんでしょうね。

1 27 86