顧客 の クレーム は 宝 の 山。 クレーム電話は宝の山?!その2「苦情の時こそファン獲得」

どうでしょう、なんとなく電話担当者の人が良い人だったような感じがしませんか。

「大変申し訳ございません」といった全面的なおわびでは、画一的で心が伝わりません。

担当するスタッフすべてが、研修を受けてスキルを習得する必要があるでしょう。

優良な企業や大きな企業というのは、あらゆる形で顧客や消費者からのクレーム・苦情を受け入れる体制を整えています。

おすすめリンク. だからクレームは発生しないようにしなければいけません。

まずは限定的なおわび まず、お客様の怒りの感情を受け止めて限定的なおわびをすること。

クレームは宝の山であるというようなことはよく言われますが、それはこのデータベース化ができているかどうかがポイントであり、データベース化されていなければ、受けたクレームや苦情は決して宝には変わってくれないのです。

賛成の立場で回答します。

クレームを「アイデア」として見るなら、宝の山だと思います。

事業を展開して、営業活動を行なっていれば、顧客や消費者からクレームを受けることなどいくらでも考えられるでしょう。

そのような人はまともに相手をしてくれる人がいると、勘違いして長期的につきまとってくることがあります。

前回、 顧客のグチ・困っていること・不満は顧客の潜在ニーズだとご説明しました。

この改善はお店の経営の向上に繋がります。

85