シロナ 手持ち。 シロナ (しろな)とは【ピクシブ百科事典】

「」へ同行 穏やかな性格の老婦人
弱点を突いてやの一撃で倒すのが理想的だが、そこそこ素早いため先制攻撃で倒されてしまうこともある レベルを合わせているのか『プラチナ』に比べると少々弱体化した感もあるが、手持ちのタイプバランスはイッシュチャンピオンのを上回る
ライバルとも何度か面識があり、ハードマウンテンでの彼のセリフから勝負に勝ったこともあるらしい このこともあってか、住所は教えてくれない
男性のような容姿・セリフが特徴 バディーズわざを発動することでし、になる
でも「サイコキネシス」があるのでわざわざそこまでしなくてもいいかも ちなみにイベントストーリーでは、ポケマスやパシオの舞台設定上特殊な状況下ではあるが、アカギに放った上述の言葉に対する彼女なりの「けじめ」と「答え」、その後のスタンスの変化を少しだが垣間見ることが出来る
使用ポケモンは タイプのこだわりは無く、手持ちはバランスがいい
98

防御は低いので、物理でかつ弱点を突ける技を持ってると有利。

スロットなどのゲームが好きらしく、トバリシティでは情報収集と言いながらゲームコーナーに熱中しており、ハードマウンテンの一件後に主人公に「出会いがすばらしいほどその別れはさみしくなる」と格好良く決め台詞を言って去るが、その後もちゃっかりゲームセンターに通っている(本人曰く景品のわざマシンを手に入れて苦手なポケモンバトル面の強化をするため)。

エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はトリデプス、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はボスゴドラ。

倒すには、れいとうビームが一番効果的だと思われる。

初期のOPではエレキッドやヒコザルのみが映っていたため、劇中で登場した際には驚きの声もおおきかった。

主人公同様、ライバルの名前もプレイヤーが自由に決定できる。

たにまのはつでんしょを襲撃し、風力エネルギーを強奪、ギンガばくだんの土台を造る。

の教え子の一人であり、とは同門(シロナが妹弟子)にあたる。

以降もシリーズを跨いでの出番が多く、特にニンテンドーDSで発売されたタイトルでは皆勤賞である。

『プラチナ』では、が加わっている。

66