あくび バトンタッチ 剣盾。 エモンガ最強の技構成・調整【育成論】ポケモン剣盾

特に以下の行動をすると負けるリスクが増える。

キョックス個体の採用ですが、今回はサポート要員となります。 偽装要素を詰め込み相手の裏をかく パーティ内に以下の偽装要素を詰め込み、相手の裏をかくことで有利を取る。 また、4倍弱点を持つ都合上、 フェアリータイプを見た時点で相手がポットデスをフェアリー技で攻撃しない、 というお祈りが発生します。 連戦した際のプレイヤー負担も少なく、レートを上げるのに向く。 積み対策の黒い霧やクリアスモッグ、メタモンなどは数自体がそもそも少なかったためパーティ自体が環境にあっていた。 ビルドアップや羽休めで粘りながらドリル嘴やつけあがるで倒しに行く、 粘り強さを武器にしたアタッカーとしての採用です。 これによりペンドラーが物理に対しては上から「てっぺき」が可能。 能力変化は 替わった ポケモンが そのまま 受けつぐ。 「アシストパワー」の威力上昇は相手の特性「てんねん」で無効化されないため、止められにくい。 強力なサブプラン「バトンタッチ」リレー 全抜き性能の高い晴れリザードン軸 元々火力が高いリザードンだが、 特性「サンパワー」を発動させることで特攻が1. オーロンゲのサポートを受けて「」から高火力で押して行く。
92 26

特性による被ダメージ軽減 攻撃時に相手の特性を無視する特性「かたやぶり」とは異なり相手の特性そのものを発動させないため、マリルリやパッチラゴンの火力を削いで被ダメージを抑えながら「バトンタッチ」を受けられたり、「すいすい」等を発動させずに上から殴れる等の利点もある。

はそのままでは火力がお世辞にも高い部類とは言えませんが、 天候による補正とメガネによる補正でそれなりの破壊力を叩き出してくれるようになります。

ドラパルトからのバトン先としてフェアリータイプが一環しているウオノラゴンが使いづらかったため、ウオノラゴンと弱点が被らないバトン役&カバの欠伸展開に抗えるラムのみバトントゲキッスを採用。

特性「かそく」で素早さも補えるため、純粋な殴り合いには滅法強い。

全抜き性能の高い晴れリザードン軸• 「バトンタッチ」で能力上昇を引き継いで全抜きを狙う• ペンドラーバトン構築の使い方 選出率の高いポケモン 1番目 2番目 3番目 ペンドラーを主軸にした選出でランクバトルで一番多かった選出メンバー。

非ダイマックスでもダイマックス技を撃てるような感覚で扱え、積み技の効果を無視する特性「てんねん」や「めいそう」の積み合いにも強い。

フィールドターンを延長するグランドコート 持ち物は後続のアローラライチュウにもフィールドターンを多く回して立ち回りやすくするためのグランドコート。

サザンドラであれば「みがわり」で「クリアスモッグ」を耐えつつ起点にできるため、モロバレルやトリトドンがいたらサザンドラを選出して行きたい。

偽装要素を詰め込み相手の裏を掻く• きあいのタスキを採用 きあいのタスキを持たせた型にすることでサポートなしで行動が可能。

39