5 億 年 ボタン。 ニコニコ大百科: 「5億年ボタン」について語るスレ 811番目から30個の書き込み

「5億年ボタン」自体は、通常は四角い台にシンプルな押しボタンがついただけの何の変哲もないボタン装置として描かれます。
この命題が「絶対にありえない設定」に基づいているため、【1】や【2】はそもそも人間が体験しえない領域であり、それゆえ、議論が憶測の域を出ないことだ。 そもそも5億年ボタンって何?と思っている人も多いと思うので今回は5億年ボタンの解説と期間工の出戻りと「5億年ボタン」のどこが似ているのかを解説していきましょう。 5億年過ごすことがリスクではない)とリターン(100万円)の話に持ち込める。 妄想や独り言などが生きがいになる• こう展開させてみると、議論は意外とシンプルになるように思う。 それが、ボタンを押して何もない空間で5億年間過ごすというもの。 つまり不老不死の身体になっているだけであって、何ら生物としての機能はすべて停止しているわけじゃないんです。 はたして、どちらの箱を選べば最大の利益を得られるだろうか? (出典:) この「超知的生命体」にあたるのが、私が「5億年ボタン」の考察で書いた「他者」だ。 おそらく、 何かを考えるだろう。
82
先程述べたように、提示される条件は非現実的である だからこれは、理屈で戦っては論破される説だと思っている
が、そこまでは問題文から読み取れないのでなんとも言えない なぜなら、僕たちも日常で体感していることだからです
……となると、 せっかく考えたことを全て忘れて、当然、異空間で5億年間の間に 書き溜めたメモは手元に残らない その瞬間、スネ郎は別世界に飛ばされて、絶望的な5億年を過ごします
ただ違いは、のとは同時に存在できるからハッキリと別人と分かるが、記憶が消える場合は一見して同一人物に見える 例えば「トロッコ問題」のような倫理観にまつわる議論の場合
お気軽に 軽く5億年ボタン内容を説明すると• というか 「記憶も体も全部元通りになりまちゅ」でどんな処理がされているかでもさらに食い違ってくるなぁ・・・ まあ仮に別人でも、このを 「自分がえげつなく死ぬ代わりに、万所持増やした同一の信用できるを召喚できる」 だと捉えたうえで 「増えたで成し遂げたい野望がある(成し遂げるのが自分じゃなくても)」 とか考えてるだったらなく押しちゃうだろう
29
白いタイル張り、タイルは歯で傷が付けられる程度の硬さ 周りは体と白いタイルが見える程度の薄暗い空間 3日間走り続けても出口はない• 期間工はもう絶対にやらないと心に決める人• 貯金のためにまた期間工をやろうと決める人 後者のほうはいわゆる 出戻りとか 期間工ループとか言ったりします。 主観を脱した論拠が欲しくて、たどり着いたのが「他者」の存在だ。 以上を整理すると、この議題は 【1】記憶が消去されても体験したことになるのか?人間の体験や感覚の根拠は果たしてどこにあるのか? 【2】「空腹や疲れを感じない」とはどのような状態か?人間の生きる喜びはどこにあるのか? というような具合に収束していくだろうと思う。 ボタンを押して実質は記憶が消されるから、一瞬で100万を手に入れるわけですが、 一周回って押さない!という結論に至りました。 出典: 5億年ボタンを、 おそらく押さないであろうと思う理由の1つとして、上記の書籍にも記してありますが 人は予測できない恐怖に怯えるものです。
50