椿井 文書。 椿井文書

。 , pp. 〇となると、「椿井文書」紛争の落としどころは、偽文書であることを地元に認めてもらった上で、自治体史や説明板や文化財指定はちょっと訂正して、近世史史料として転用活用してもらう・・あたりかな。 面白い。 研究者は偽文書の存在に気がついても、それを分析するのは研究上あまり意味がないので黙殺してきた。 これで、椿井正隆の作成した偽地域史が興福寺の古文書(?)の保証を得ることになる。 寺の縁起などを作成すると、寺、史蹟、系図の家等を載せた絵図を作成する。 販売された椿井文書について「しかし内容は万更、虚構でないこともある。 。
67

史実としての正しさより、利用価値が優先されることは少なくない。

108 とを元に「「郷社三之宮神社古文書伝来之記」は今井家所蔵の古文書が近江・山城・丹波・河内四ヶ国に亙ると記すことから、同家所持の古文書群は、ほぼ全て椿井氏が質入れしたものと考えてよかろう 」と、両者の地域の類似性から今井家所持の古文書群はほぼ全て椿井氏が質入れしたと判断した。

東京大学史料編纂所データベースでは西法寺文書 西法寺;京都市上京区 に合綴された飯田文書 影写本 や竜松院文書 東大寺図書館 に合綴された興福寺文書 影写本 等が見える。

諸系譜 [ ] 著者不明の椿井家の系図が、中田憲信が筆写した「諸系譜 」に収録されており、椿井権之助政隆( - 十一年十二月廿六日〈1月18日〉)の名前がみえる。

「椿井文書とは、山城国相楽郡椿井村(現京都府木津川市)出身の椿井政隆(1770~1837年)が、依頼者の求めに応じて偽作したもので、中世の年号が記された文書を江戸時代に写したという体裁をとることが多い。

そして椿井文書にはこの未来年号が極めて多く存在するのです。

ですので、畿内で統一権力が出てくる過程をみるために、まずは室町幕府管領家の細川家まで遡って研究をしてみました。

集客力があるからである。