準 確定 申告。 準確定申告の必要書類と失敗しない書き方【カンタン解説】

68
2.準確定申告の必要書類をスムーズに準備するための2つのポイント この章では、準確定申告を行う際の必要書類をスムーズに準備するためのポイントについて解説していきます。 延滞税は、法定申告期限から実際の納付日までの期間に応じて、利息に相当する金額が自動的に課されます。 例として、大阪国税庁の様式をご紹介しておきます。 所得控除のなかには、配偶者控除や扶養控除のように特定の条件に該当すれば適用されるものと、医療費控除のように支払った金額に応じて適用されるものがあります。 相続人が複数いる場合、それぞれ別の納付書にそれぞれが負担する税額を記入します。 必要な書類は、源泉徴収票や保険料の控除証明書など記載した数字の根拠となるもので、年間の取引金額が1枚にまとまった書類です。 確定申告が必要な人が亡くなったら、ご家族が代わりに、亡くなった人の所得税の申告・納税をする必要があります。 配偶者控除や扶養控除等も適用されますが、これは死亡日の状況に鑑みて行われます。 関連記事. 亡くなった人が給与所得者(会社員・パート・アルバイト)• たとえば、被相続人が前年分の確定申告をしないで3月1日に亡くなった場合は、7月1日が前年分の準確定申告と本年分の準確定申告の申告期限となります。