小学生 低学年 自由研究。 小学生の自由研究は氷の実験がおすすめ!低学年でも簡単!まとめ方の例など | すっきりブログ

お茶に氷を入れるとすぐに溶けてしまうので、どうやったら溶けにくいか調べたいと思った。

例えば、「ニンジンや大根のヘタからは葉っぱがでてくるが、ジャガイモからは根しか出てこないだろう」と予想していた場合、「ジャガイモからも葉や茎がでてきた」という結果も書けると、まとめの内容が充実します。 筆者が小学校6年生のときに行った自由研究は、小学校4年生から2年以上かけて行った研究でした。 芽や茎が食べられるほどの大きさになるには、 最低でも10日ほどはかかるので、時間にゆとりのある方におすすめです。 ティッシュ• 出かけた場所でも探してみましょう。 もしお子さんが興味を示したら、ぜひ取り組んでみてくださいね! メダカの観察 簡単にライフサイクルを観察できる自由研究 【用意するもの】• 自分がその日どういう気分になったか、どう感じたかなども書く。 リサイクル野菜は、豆苗をイメージしていただけるとわかりやすいでしょうか。 ミキサーの3分の2くらいまで水を入れ、ドロドロになるまでミキサーで混ぜます。 新聞紙の上からまな板などを使って均等な力で押し、紙の水気をきります。 crayon-main::-webkit-scrollbar,. 同じ飲み物でも、水より牛乳に入れた時の方が溶けにくかった。 それでも模造紙を使いたい!という方はこちらの記事をどうぞ。