100 万 回生 きた ねこ。 「100万回生きたねこ」は何で最後生き返らなかったのか。考察してみた。

その時の気持ちは今でも忘れていない 静岡県静岡市 N小学校 ・とても良かったです
ねこは, 一日じゅう おばあさんの ひざの上で,ねむっていました 船のりが急いで あみで すくいあげるとねこは びしょぬれになって、 死んでいました
なんてこったい…… 久しぶりに鳥肌の立つ素晴らしい本に出会えたぜ…… 本というか、絵本ではあるが しろねこに対して素直になれた瞬間のこと
そして自分よりも大切なものに囲まれるしあわせ なにいってるの、全然ちがうわよ、と著者は笑うかもしれませんけれど(笑)
ねこは およげなかったのです フォームをプリントアウトして頂き、必要事項をご記入の上、絵本と一緒に編集部にお送りください
そして、出演者たちが投げ合う、遊びのような軽妙な台詞の中に、キラリと真実が見えるのでした 今日は読み終わったあと、4歳児が「パパ死なないで」と泣き始めてしまいました

いくら「愛」が注がれても、それに無関心だと、「愛」というエネルギーは悲しく流れ去っていくだけです。

・絵本の世界をイメージさせるような舞台でさすがに工夫されているなあと思いました。

新作のテーマを具体的に話し合ったこともないし、催促がましいことを言ったこともない。

ねこは, はじめて なきました。

なんだかじっとしていられなくてこの場から全力で走り出したくなるような、全力で泣きたくなるような、全力で喜びたくなるような気持ちの渦が立ち起こります。

女の子は, ねこを おんぶしたり, しっかり だいてねたりしました。

たった1ぴき、 ねこに 見むきも しない、 白い美しい ねこが いました。

そして、読み終わると、なんだか全てが幸せにおもえてきます。

自分の一生に。

そして 家に帰って 小さな庭に ねこを埋めました。

よぼよぼの あばあさんは, よぼよぼの しんだねこを だいて,一日じゅう なきました。

「100万回生きたねこ」の絵本の正しい解釈なんて存在しないのかもしれない。

ところで、100万回生きたねこってどんなねこ? それはその日までのお・た・の・し・み……。

このお話はとてもいいお話なので、他の人たちにも見てほしいと思います。

いまさら おっかしくて!」 ねこは、誰よりも 自分が 好きだったのです。

ねこは、王さまなんか きらいでした。

100生きたとは? 百万きたはさん作のをする。

あるとき、ねこは 小さな 女の子の ねこでした。

それはどうしてなのか、そこを子どもたちに考えさせることによって、命や死というものに対しての考え方が構築されていくのではと思いました。