縁 壱 うた。 【鬼滅の刃 186話感想】縁壱の嫁・うたちゃん可愛い!→残酷すぎる展開へ・・・

34
そんな縁壱を、黒死牟は可哀想だと思っていたのです。 黒死牟はどれほど打ち込んでも一本取れなかったにも関わらず、縁壱は口頭で教えられただけで圧倒的な力を示したのです。 出家するように言われていたが結局寺に行くことはなく、どこまでも続く空の下を一昼夜走り続けた。 継国縁壱の母親は信心深く、この世から争いごとがなくなるように、いつも祈っていた。 無惨を取り逃がした縁壱も結局、 「私は大切なものを何一つ守れず 人生において為すべきことを為せなかった者だ 何の価値もない男なのだ」と炭吉に話しています。 しかし縁壱が7歳になった頃。 そしてなにより、縁壱は炭治郎と同じ耳飾りをつけているんです!これは縁壱と炭治郎にただならぬ関係があるからでしょう。 その件がきっかけで巌勝は縁壱に嫉妬の炎を燃やし始める。
97