ジンメン ネタバレ。 ジンメン(第145話)最終回のネタバレと感想!

飼い犬の顔は人のようになっていた。

それを助けたのは自衛隊の日下部でした。

ただ、ジンメン(作者カトウさん)独自の発想があったりして、良い箇所もありました。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています) 「サンデーうぇぶり」は人気漫画を無料で読むことが出来ます! しかも読めば読むほど、無料で読める漫画アプリです! もちろん「ジンメン」も無料で見られますよ。

そこで、力を使い切って全て終わらせるつもりだった。

72
そのことを父に告げられたマサトは悲しみに浸りますが、話にはまだ続きがありました 不安がない結末を通して、課金ネタバレを確保する方が堅実なので、こちらを推奨します
ジンメン13巻無料ネタバレ!最終回結末ラストは?タダで読む方法も解説!漫画アプリで読み放題?zip,rarは危険|マサトの運命は?堂々完結! 🤜 現に、虐待されているペットとして扱われる動物たちもたくさんいるわけで・・・ 怖いけれどすこし現実も垣間見れるストーリーになっています その人影は、ヒトミです
マサトたちは永長たちとともにサファリワールドへと向かうことにします マサトたちは理性を失った彼らに襲われてしまいます
「ここ…どこだよ…っ!」 自分たちがどこにいたのか分からなくなるほど、一帯は炎で覆われ、地獄のようでした そんなミステリー要素も本作の面白さなのです
それだけが言いたかった これも意外でした
マサトは自分がそろそろ死ぬことを予想しながら、力を使い始める パニックホラーらしくていい気はしますけどね パニックホラー好きは細かいことは気にしない心の広い人が多いので、多分「これはこれでありだな」くらいに思っているでしょう
半年しか経っていないにもかかわらず、外の世界は何事もなかったかのように、日常が戻っています ただ、ジンメン(作者カトウさん)独自の発想があったりして、良い箇所もありました
それを聞いたえんちょーは、周囲の人間を危険に晒し、それを助けたければこちらにつけ、と脅しをかけてきます ブタ園長が総理に対して、定期的に食料として人間を配給させる 食民地計画を持ちかけているなか、マサトたち一行には希望の光が射していました
そしてすぐそこにはオオカガミがあると明かすのですが…… ハナヨはマサトが特に 仲良しだった象でしたが、しかしジンメンになってしまい、マサトや他の人間たちを襲い始めたのです
40

それは「ミズカガミ」という名称で……。

命を軽んじないこと。

また、このあとの富士山への道のりも、7巻の見所。

「ここなら安全だ」 マサトの消滅を悲しんでいると、オオカガミから避難しようと鳥たちがヘリに逃げ込んできました。

第139話 ジンメンを救うと決めたマサトに驚く一同。

それを見てもなお、マサトたちを守ろうと臆することなく戦う動物たち。

安心安全に、そして タダで『ジンメン』を第1巻から最終13巻まで読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法がベストです。

59