ディズニー。 ウォルト・ディズニー・カンパニー

79

2020年10月23日閲覧。

2006年(平成18年)3月10日には、映画企画の題名が、ロサンゼルスの暴走族集団から「我々のグループ名『Wild Hogs』の商標ロゴとマークを盗用している」として著作権侵害訴訟を起こされている。

2020年10月28日閲覧。

やなどのの世界では、ディズニー社が「著作権に対して厳しい」という強い印象から、ディズニー社に関連する二次創作物の執筆・発行は忌避される傾向にある。

輝かしい実績の一方で、作品そのものではなく人権抑圧・侵害 ()と並行した、としての事業拡大への抗議批判も多い。

2000—2012: 最高執行責任者(Chief Operating Officers)• 2020年10月28日閲覧。

20
また、工場のマネージャーは、これら児童、女性従業員に日常的に体罰を加えていた。 - 配給先をに変更。 Sato, Hikaru 2020年10月1日. - 「ウォルト・ディズニー・プロダクション」(Walt Disney Productions)は「ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー」へ商号変更。 1984—2005:• 2007—2012: ジョン・E・ペッパー・ジュニア• 2020年10月4日閲覧。 1929—1971:• 1984—1994:• 2000年代に入って、シャーリー・スレシンジャー() はNLCと共同で、これらディズニー搾取工場に対する改善要求を開始、最晩年まで抗議を行っている。 そのため、ウォルトは著作権に非常に敏感になり、彼の死後も会社の方針として残り続けている。 2005年の「IHS児童奴隷労働ニュース」による報告では、最高級待遇で時給28セントに下げられている• 1997—1999: サンフォード・リトヴァック• 原作者からキャラクター使用などの契約をしたイギリス童話「」は、元絵の主人公やキャラクターをアメリカテイストに変更したり、勝手にストーリーを作り続けるなどして原作者とイギリス本国から裁判を起こされている。
98