モンスト 未開 の 大地 11。 2020.11.12 11/14 12:00~「未開の大地」が期間限定で登場!エナジーを集めて、限定キャラクター「ウルルミス」や「初獲得★6確定ガチャ玉」をゲットしよう!ウルルミス神化&制覇回数ミッションが新たに登場!|モンスターストライク(モンスト)公式サイト

クエスト攻略• 下手なギミック対応キャラで固めるよりも攻略をしやすくなるため、苦戦している方は編成する価値があります ステージ1は加速ザコに触れながら「ギャラクシー」の内部弱点を攻撃します
ステージ2 1. アンチ魔法陣を持たないキャラは魔法陣に気を付けましょう もし同時処理が難しいなら右上の数字が近いギャラクシーを先に処理してリセットすると良いです
・加速友情が便利• 前後ステージの攻略 あわせて読みたい 悠久のエルフヘイム2~誓約の宴~. 一度に多くの「アビロザコ」を倒しながら「ザッハトルテ」の弱点を攻撃しましょう ・スピードアップで味方をサポート• 自身無敵化SS 貫通 獣神化 反減速壁
スピードアップ雑魚を利用しつつ、ギャラクシーを4体同時処理する• ギャラクシーを同ターンに倒す ギャラクシーは相互に蘇生 魔法陣も対策必須クラスですが、減速壁の対策を優先しましょう
ボスを撃破 ギャラクシーは右上の数字が0になるまでに倒し切りたい ・超スピード型がおすすめ• 「童子切安綱」を所持していない方は、ギミックを無視しても加速友情持ちを複数隊編成するのがおすすめです
・砲撃型の友情コンボが強力• ボスを撃破 ギャラクシー4体は相互蘇生をするので、加速ザコでスピードアップしつつ、弱点経由で同ターン内に倒し切ろう ボスは2ターン毎にそこそこ回復してしまうので、ひよこじゃない状態で弱点を攻撃するように弾きます
未開の大地の難しいクエストが増えてきている中、今回は未開の大地の11について攻略していきます ・超マインスイーパーでの殴りが強力• ギミック非対応でも加速友情キャラは強力 複数の敵に触れる動きが必要となるため、加速友情のキャラが1体いるだけでルートの選択肢が広がり立ち回りやすくなります
縦軸で左に寄っていくルートがおすすめ 味方の場所やひよこ状態、ボスの弱点位置によっても変化しますが、右側から縦軸で左に寄っていくルートが一番おすすめです 右上の白爆発攻撃にさえ気を付けていれば、負けることはありません
敵に触れるたび攻撃力アップする仕様(同じ敵に複数回触れても攻撃力アップの回数は同じ)• ・直殴りが強力• ただし、HP回復する中ボスには少しでも攻撃を加えたいので、ルートをよく考えて撃つ必要があります 加速雑魚を利用して距離を稼ごう 複数体の敵に触れて攻撃力を上げないと火力を出すことができないため、減速をもらいながら立ち回ることとなります
22 42
・ドレインでHP回復が可能• ・魔法陣対応で火力を出しやすい Bランク 適正理由• — 自称元パブロ使い 野良鮭999達成 PaburoSplatoon2 かなり苦戦してる方が多いみたいですねー 実際筆者も初見でだいぶ手こずっていた記憶があるので、もしクリアが難しいのであれば、リヴァイやキリトでワンパンを狙っていくのもありかなと思います。 ・加速友情持ち• オーソドックスに行くなら 水属性の貫通、魔法陣と減速壁に対応した編成で挑むのが良さそうですが、後に書きますが 【ギミックは無視】でも大丈夫でした。 その他のランキング• 加速友情が味方のサポートに。 ・便利な無敵化SS• ・加速友情で味方をサポート• どちらの対策も必須ではありませんが、アンチ魔法陣がいるとダメージが乗りやすくて良いと思います。 加速友情が味方のサポートに。 この未開の大地11は結構難しい難易度なので、なかなか勝てないユーザーがかなり多いかと思われます! では、なぜ未開の大地11がそこまで難しいのか、どういった所が難しいのかなど、適正キャラは誰がいるのか、ワンパンは可能なのか?といった所からこのモンストの未開の大地11を難しいポイントなどを解説しながら、全く勝てないユーザーに向けた攻略方法をご紹介していこうと思います。 中ボス戦 次に中ボスであるザッハトルテは、雑魚を処理しつつ中ボスに攻撃する必要がありますので、 全ての雑魚処理を優先ではなく、2~3体触れてからボスに攻撃していくと良いですね! ここで出てくるアビロ雑魚はアビリティロックをしてくるので、数字が短いアビロ雑魚から触れていきボスに攻撃するようにしましょう。 ・SSで一定期間自身を強化• 敵に触れるたび攻撃力アップする仕様(同じ敵に複数回触れても攻撃力アップの回数は同じ)• 攻撃ターンの短いアビロ雑魚から倒す アビリティロックを受けると減速壁で動きにくくなってしまうので、攻撃ターンの短いアビロ雑魚は必ず倒すようにしましょう。 ・キラーがボスに有効• なるべく多くの敵に触れながら弱点を狙いましょう。
11