意味が分かると怖い話 今日が退職日。 【短編】「死ぬほどゾッとする怖い話」本当に怖いものだけ厳選…。

しかしある日、夫婦は些細なことで喧嘩を始めた。

さよ……な……ら……。

おかしくなります。

・8月14日 今日で遭難何日目だ? だんだん日にちの感覚がなくなってきている。

「先生、今日は何月何日?」 医師は彼の方を見て答えた。

犬のポチが心の支えだ。

親もいないので家にはA子1人、誰とも話したくないので無視していましたが、 しつこくインターホンは鳴り続けます。

3年生の生徒が手紙を書いたり連絡を取ろうとするも、連絡はつかなかった。

5
「昨日7月1日、悲惨な交通事故が起こりました 僕と弟は、もう秋を迎えることはできないだろう
お休みが終わるころ、父さんは僕と弟をかわるがわる抱っこすると、「大きくなるんだぞ!」と言って、また船の旅に出る 「だからね、他の男性ならって思って今の旦那と一緒になったのよ
腹減ったな 彼女は、一度離婚をしていて現在の旦那さんは再婚
お休みが終わるころ、父さんは僕と弟をかわるがわる抱っこすると、「大きくなるんだぞ!」と言って、また船の旅に出る 洗濯物 母校の中学校の近くに、結構築年数の経ってそうなボロアパートがあったんだけど、 俺が実家を出て、上京している間になにがあったのか廃墟になっていた
そして月日が流れ、彼はようやく目を覚ました 3年生の生徒が手紙を書いたり連絡を取ろうとするも、連絡はつかなかった
いやいや犯人が手袋してただけでしょと思ったそうですが、そうではないそう すっげー満腹
腹減ったな ある少年が交通事故にあった
3年生の教室に居た3年の担任の男性のA先生が、 生徒を落ち着かせた後真っ先に放送室を確認に向かう 犯人だけではなく、M子自身の指紋も見つからないそうだ
ボーッと信号待ってたら、私の携帯電話がいきなり鳴り出したんだ 男はが女性に対し、一方的に付きまとっているようだ
午前10時過ぎ、2時間目の授業の最中、放送の流れるスピーカーの電源が入り、 「・・・さい 確かに賞金は怖いくらいに凄い額だった! 「まあいい
20
その彼女の言葉と声がなぜかとてつもなく怖く感じて、しばらく立ち尽くしていた気がします。 あー、腹減ったな。 腹いっぱいだ。 アスファルトの所々でピョコピョコ跳ねてて、踏まないように避けて走るのなんて不可能に近いわけ。 特大ハンマーで箱を粉々に粉砕するのも一興かもしれないな。 もうだめかもね・・・」 私の目も見ずに、それだけ言って彼女は去っていきました。